ロングブレス 初歩の呼吸法 勘違いしがちな注意点

ロングブレス 初歩の呼吸法 勘違いしがちな注意点

世間では美木良介さんの「ロングブレス ダイエット」が流行っています。

 

 

私の知り合いもハマッていて、時間を見つけては呼吸を実践しております。

 

 

一方で私はというと、実はロングブレスについてはほとんど知識がありません!

 

 

私は世の中で流行っているダイエット法にはあまり食指が動かないのが常でして、今回もあまりピンときてなかったのです。

 

 

しかし先日読んだ雑誌「クロワッサン」に、ロングブレスの初歩の記事があり、「へぇー、そうなんだ」となかなか興味深い点もありました。

 

一部紹介します。

 

ロングブレス初歩の呼吸法
1 背筋を伸ばしてまっすぐに立つ。このときお腹をへこませて、肋骨と腰骨の間をグーッと広げるようにする。

 

2 手を頭上に上げて、肋骨と腰骨の間をさらに離す。鼻から3秒で吸う。両足の踵、膝はしっかりつける。

 

3 お腹をへこませたまま、口から15秒でゆっくりと息を吐く。丹田を確認できるようになったら、今度は10秒で息を吐く。

 

 

私が「へぇー」と思ったのは、「ロングブレス」の解釈です。

 

ゆっくり長く吐くのかと思ったら、まず一気に、強く吐ききるのが正しいのだそうです。

 

 

鼻から息を吸ったら、頬を痛くなるくらいまで膨らませ、口をすぼめたまま、ブォーッ!と一気に強く吐き出し、残った息をそこからゆっくり、長く吐くのがロングブレスなのです。

 

 

極限まで吐きだそうとするとお腹の筋肉がプルプルして、汗も出てきます。

 

そこまでいくとお腹周りの筋肉および全身の筋肉が鍛えられるのだそうです。

 

 

以上はごく初歩であり、ウォーキングと組み合わせるロングブレスなど、いろいろな方法があります。

 

 

クロワッサンの記事には、70代の女優さんが美木さんの指導のもとロングブレスを1ヵ月続けたところ、ウエストが12cm細くなったというエピソードも紹介されています。

 

 

ロングブレスの原理とやり方はひととおりチェックしておくと、生涯役に立つ知識になるかもしれません。

 

 

雑誌「クロワッサン」の一覧です

楽天ブックスへ

ヤフーショッピングへ

アマゾンへ

 

DVDで完璧にわかる! 美木良介のロングブレスダイエット 必やせ最強ブレスプログラム

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

※このサイトは作成ソフトSIRIUS(上位版)で作りました

関連ページ

石川亜沙美さんはゾーンダイエットで産後減量
石川亜沙美さんはゾーンダイエットで産後の体重を戻しました
食前に低GI食品を食べてダイエット作用
食事の前にGI値の低い野菜などを食べておくと血糖値の急上昇を抑えられます
GI値の高い野菜もあります
GI値を上げやすい野菜もあります
食前に食べてダイエット 牛乳や果物
食前に食べるとダイエット効果が期待できる食品があります
ダイエット目的で 食前の食物繊維 注意点は
食前に食物繊維をとるのはダイエット作用と共に注意点も
DHCのダイエットファイナリスト
DHCのダイエットコンテストファイナリスト
眞鍋かをりさんのダイエットの極意 オイラの美力より
眞鍋かをりさんがダイエットで気をつけていること
佐伯チズさん実践 和田式ダイエット やり方 食べるもの
佐伯チズさんは様々なダイエットを体験しました 最終的にいきついたのは・・・
和田式ダイエット 食べてはいけないもの 炭水化物 アルコール
佐伯チズさんが実践した和田式ダイエットで食べない食品
鉄分の重要性と最初に食べる野菜・豆
鉄分は地味ですがダイエットでは大事な役割を持っている野菜です
浜内千波さんの50kgダイエット 野菜中心の食事で
浜内千波さんは食事を野菜中心に変えることでなんと50kgものダイエットに成功しました
昼ヨーグルトダイエット 実践者の変化も
三食のうち一食だけをヨーグルトにするダイエット法 ヨーグルトだけを食べます
マイクロダイエット実践者の体験談 運動や停滞期の乗り切り方など
マイクロダイエット実践者の体験談を紹介しています どんな運動をしたのか お腹が空いたとき 停滞期にはどう対処したのかなどがわかります