UVA UVB SPF PA 各用語の解説

日焼け止めについてまとめ SPFやPA 1

最近はだいぶ気温が高くなり、肌の露出も増えるようになってきました。

 

 

これからは夏に近づくにつれ、紫外線が気になってきます。
そうなるとハズせないのが日焼け止め。

 

日焼け止めに関する基礎的なことをまとめます。

 

 

まず、紫外線にはUVAとUVBがあります。

 

 

UVA

波長の長い紫外線で、日焼けを起こす力はUVBよりも弱いですが、皮膚の奥まで到達します。

 

UVB

波長の短い紫外線で、日焼けを起こす力はUVAの数百倍も強いとされています。
また皮膚がんやシワ、シミといった光老化を起こす作用もUVAよりも高くなっています。

 

 

日焼け止めを選ぶときは、まずSPF(Sun Protection Factor の略)という表示をチェックします。

 

 

これは、UVBに対する防御効果を指数化したものです。

 

何も塗らない時と比べて日焼けを起こす時間を何倍延ばせるか、を表したものです。

 

 

何も塗らない状態だと20分で日焼けをする人が、SPF30の日焼け止めを使用した場合、日焼けを起こす(肌が赤くなる)まで20分×30=600分、つまり約10時間かかる事になります。

 

SPFは10〜50の数値で表します。

 

 

以前はもっと高い数値もあったようですが(SPF100といった製品がありましたよね)、50より上は効果が疑問視され、上限がつけられたそうです。

 

また、UVAに対する防御効果を指数化したPAは、

 

PA+(防止効果がある)
PA++(防止効果がかなりある)
PA+++(防止効果が非常にある)

 

で表示されています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

次のページへ

 

 

 

 

※このサイトは作成ソフトSIRIUS(上位版)で作りました

関連ページ

紫外線を浴び過ぎない
「美白は良くない」との考えもあるようですが?
日焼け止めについてまとめ 2 
紫外線を防ぐ理由 成分と肌への影響
肌をきれいに保つポイント
肌がキレイな人の習慣です 2ちゃんねるから 食事や運動 睡眠
禁煙の肌への効果 色が明るく サプリの効果てきめんに
禁煙後の肌の改善の様子 2ちゃんねるより
肌トラブルを解決する薬膳食材
たるみ しわ しみ・くすみ むくみ 毛穴の開き など肌のトラブルを解消するための食材を紹介しています
道端アンジェリカさん炭酸水美容法
モデルの道端アンジェリカさんは炭酸水を頭から浴びたり顔にかけたりしています 肌が引きしめられクレンジング効果も高まるのだとか
美容液をオーダーメイドする
オーダーコスメジャパンでは肌質や年齢 生活習慣などをカウンセリングの上で美容液をオーダーメイドします
シミを消してくれるドクダミ化粧水 材料・作り方
シミを解消する!ドクダミ化粧水の作り方を紹介 雑誌「壮快」から 使用者の体験談も