日焼け止めには紫外線を散乱するタイプと吸収するタイプがあります

日焼け止めについてまとめ 2 成分と使い方の注意点 肌への影響

前回のエントリーで日焼け止めの種類についてお知らせしました。

 

 

日焼け止めは紫外線を防ぐ強さによって分類されており、SPFの数値やPAの「+」の数が大きくなるほど紫外線を防ぐ効果が高くなります。

 

 

「ということは、とりあえず数値の大きいものを塗っておけば良いのでは?」と考えられそうですが、実はちょっと注意する点もあります。

 

 

日焼け止めに配合されている紫外線防止剤には、主に次の二つがあります。

 

 

・微粒子によって紫外線を反射して散らし、肌への影響を防ぐもの(紫外線散乱剤)
・紫外線を吸収して防ぐもの(紫外線吸収剤)

 

 

前者の紫外線散乱タイプの日焼け止めは、紫外線を防ぐ力はそれほど強くありませんが、肌への刺激は少なくなっています。

 

 

主に酸化チタンや、酸化亜鉛といった成分で作られていて、敏感肌など、肌がデリケートな人にお勧めです。

 

 

反面、後者の紫外線吸収タイプは、紫外線を強力にカットしてくれます。

 

つまりはSPFやPA値が高いわけで、オキシベンゼンやパラアミノ安息香酸、ジベンゾイルメタン誘導体といった成分が配合されています。

 

 

しかし肌への負担は大きいため、長時間使用は勧められません。

 

また洗い落とすには専用のクレンジングが必要になります。

 

 

SPF40〜50、あるいはPA+++といった強力な日焼け止めは、海や山でのレジャーなど、そのときだけ使用するべきです。

 

 

日常生活での紫外線を防ぐ目的で、こうした強めの日焼け止めを使うのは、肌に常に負担をかけることになるので良くありません。

 

 

パックスナチュロン UVクリーム(日焼け止め) 45g

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

※このサイトは作成ソフトSIRIUS(上位版)で作りました

関連ページ

紫外線を浴び過ぎない
「美白は良くない」との考えもあるようですが?
日焼け止めについてまとめ 1
日焼け止めの基礎知識 紫外線の種類など
肌をきれいに保つポイント
肌がキレイな人の習慣です 2ちゃんねるから 食事や運動 睡眠
禁煙の肌への効果 色が明るく サプリの効果てきめんに
禁煙後の肌の改善の様子 2ちゃんねるより
肌トラブルを解決する薬膳食材
たるみ しわ しみ・くすみ むくみ 毛穴の開き など肌のトラブルを解消するための食材を紹介しています
道端アンジェリカさん炭酸水美容法
モデルの道端アンジェリカさんは炭酸水を頭から浴びたり顔にかけたりしています 肌が引きしめられクレンジング効果も高まるのだとか
美容液をオーダーメイドする
オーダーコスメジャパンでは肌質や年齢 生活習慣などをカウンセリングの上で美容液をオーダーメイドします
シミを消してくれるドクダミ化粧水 材料・作り方
シミを解消する!ドクダミ化粧水の作り方を紹介 雑誌「壮快」から 使用者の体験談も