身体を温め リラックスするための半身浴の入り方

半身浴のポイント 湯温やお湯の量 入浴時間

女性の冷えに関する著書もある、目黒西口クリニックの南雲久美子医師は「入浴は体の冷えをとるのに最も簡単で、効果のある方法」と考えています。

 

 

また南雲医師によると、半身浴には絶対外せないポイントがあるそうです。

 

いわば半身浴の基礎知識とでも言うべきものですね。

 

そのポイントとは・・・

 

半身浴は湯量が少ないため温度は40度
入浴の15分ほど前には湯船のふたを開けて浴室全体を温めておく
お湯の量はみぞおちまで
冬場に肩が冷えるときは、入浴した状態で湯船のふたを半分かける
最低でも20分は入浴する

 

・・・といったことです。

 

 

最後の「最低20分」がなぜかというと、38度のお湯に入浴して、副交感神経の働きが活発になり全身がリラックスするには十数分必要だからです。

 

これだけの時間入浴していると毛細血管も拡張して血行が良くなり、体の芯まで温まってくるのです。

 

 

そこで20分お湯につかればまず間違いなく体の芯まで温まることができると考えられます。

 

時間が20分必要なのはこうした理由があるのです。

 

 

ありがちな間違いとして、「半身浴でサウナのように汗をダラダラ流そうとすること」があります。

 

 

この種類の汗は気持ちいいものですが、体が疲れますし、入浴後も汗が出続けるためにかえって体を冷やしてしまうおそれがあるのです。

 

ダラダラと汗を出すのは半身浴本来のねらいからするとNGで、にじむ程度の汗ならOKです。

 

 

半身浴は体を芯から温めるとはいえ、寒い場所に薄着のままでいてはさすがに体が冷えて湯冷めしかねません。

 

入浴後の保温をちゃんとやればポカポカが続きます。

 

 

これから寒くなる時期、「半身浴でもやってみようかな」というときに思い出してみてください。

 

 

新版 冷え症・貧血・低血圧 (よくわかる最新医学)

 

 

 

 

※このサイトは作成ソフトSIRIUS(上位版)で作りました

関連ページ

熱・冷え体質の見分け方 身体を温める食事
スポーツで大成する人は熱体質の人が多いそうです
ストレッチをすると血流が良くなる理由
ストレッチで血流やリンパの流れが促進されるのはなぜでしょうか?
肩コリで肩を揉むのは間違い?
肩こりを解消するのに肩を揉むのは正しくないそうで
40代で股関節の不調が始まる理由 古久澤靖夫氏
40歳で腰痛などのトラブルが増える理由
冷えと便秘 「水を飲む」「生野菜」は正しい?
便秘対策に水分をとるのは常識になっていますが 体を冷やしてしまうと便秘を悪化させる可能性もあります
草村礼子さんはドクダミ茶で冷え症解消
女優の草村礼子さんは極度の冷え症でしたが ドクダミ茶で大きく改善しました