白髪を抜くのはNGです いつも同じ分け目にすると紫外線のダメージが

田村マナさんの美髪のコツ 髪は濡らしたらすぐに乾かして

美髪アドバイザーの田村マナさんは、美髪を妨げるNG習慣として、以下の4つを挙げています。

 

1 頭皮にシャンプーが届いていない
2 乾かすときは自然乾燥
3 白髪を抜く
4 いつも同じ分け目にしている

 

田村さんによると、シャンプーの語源は「マッサージ」を意味するサンスクリット語なのだそうです。

 

 

これからわかるように、シャンプーの本来の目的は頭皮の汚れを落とし、ケアすることです。

 

そのため、田村さんはシャンプー前の「予備洗い」を勧めています。

 

 

ぬるま湯で1〜2分頭皮と髪と毛をしっかりぬらすと、頭皮の汚れが落ちやすくなるだけでなく、シャンプー時の髪の摩擦を軽減できます。

 

 

髪の毛に最もダメージを与えるのは、

 

・熱
・摩擦
・紫外線

 

です。
シャンプーの時は摩擦が起きやすいので気をつけましょう。

 

 

頭皮は顔のTゾーンの3倍の皮脂が分泌されています。
皮脂が酸化すると活性酸素になって老化の原因となります。

 

 

指を使って頭皮にこびりついた皮脂をもみ出すように、やさしく洗いましょう。

 

 

また、髪の毛のキューティクルは濡れた状態では開いているので、トリートメントなどで補給した成分も流出してしまいます。

 

 

ドライヤーで素早く乾かして成分を閉じ込めてしまいましょう。
その際は髪を熱から守るため、頭皮から20センチほど離して使用します。

 

 

白髪は髪に色をつける細胞が働かなくなっているだけで、その他の機能は正常に働いているので、抜いてはいけません。

 

 

無理に抜くと毛根を傷つけ、薄毛の原因になります。
どうしても気になるなら、根元から切りましょう。

 

 

同じ分け目を続けると紫外線が頭皮の同じ部分に当たり続けることになります。

 

薄毛のリスクを上げてしまうので、たまに分け方を変えるか、帽子をかぶるなどして頭皮をガードしましょう。

 

 

雑誌週刊女性 2014年 4/29号51ページを参考にしました。

 

 

美髪アドバイザー田村マナ監修 CA101 薬用 ブラックシャンプー

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

※このサイトは作成ソフトSIRIUS(上位版)で作りました

関連ページ

髪の美容のために 必要な栄養
髪の美容のためには食事も重視しなくてはいけません
髪のカラーリング・ブリーチによるダメージ
髪染めやブリーチを頻繁に行うのは髪に良くありません
自分に合う(合わない)シャンプー・刺激の少ない(強い)シャンプーとは
合う・合わないシャンプー 体験談
髪・頭皮もやっぱり洗いすぎはダメなのでは?
頭も洗い過ぎはいけないのではないでしょうか
バンテーン使用 髪をサラサラにするコツ
髪をキレイにするコツ
「髪に良い食品・食事」とは? 管理人の考え
髪の美容を助ける食品の特徴とは
髪に良い食品の代表 黒ゴマ
漢方で黒ゴマは「腎」を強化するとされています 生命エネルギーをアップし抜け毛や白髪を減らしてくれます
女性専用 ベルタ育毛剤
女性専用 ベルタ育毛剤 成分や特徴 女性特有の薄毛の原因も
熊谷真美さん愛用 クレソンシャンプー 白髪が減りつむじも目立たなくなりました
熊谷真美さんはクレソンシャンプーを愛用しています ベタつきがなくなり「自分に合うシャンプー」と確信しています