森山良子さん ノドのコンディションをキープするマヌカハニー

森山良子さん マヌカハニーでノドのコンディションキープ

歌手の森山良子さんは、のどのコンディションを保つためにハチミツを使っています。

 

その飲み方は・・・

 

・口に含み、唾液と混ぜて口の中で転がす

・ハチミツを口の中に十分行き渡らせる

・ゆっくりゆっくり飲み込み、声帯を潤す

 

・・・というもの。

 

いまやこの習慣は、森山さんにとって欠かせない習慣になっています。

 

 

森山さんのハチミツ活用法について以下に紹介します。

 

壮快 2017年 4 月号
壮快 2017年 4 月号

 

(このコンテンツは壮快2017年4月160〜161ページを参考にしています)

 

マヌカハニーでのどを保護

森山さんが特に気に入っているのは、抗菌作用もあるといわれるマヌカハニーです。

 

味が濃厚でとても美味しく、のどにチクチクする刺激がありますが、それは「効いてるぞ!」という実感になります。

 

 

コンサートの前後は、マヌカハニーが必須です。

 

 

前日にはマヌカハニーを入念に口に含み、のどを潤します。

 

そしてコンサートが終わったら喉の回復を早めるため、マヌカハニーをさらにひとなめ。

 

森山さんにとってハチミツをなめることは

 

 

「のどを守るために欠かせない仕事の一つ」

 

 

です。

 

ハチミツはいまや生活に欠かせない存在になりました。いつでも、どこでも使えるよう、自宅の至る所にハチミツが置いてあります。

 

 

ハチミツ以外にものどのケアには気を遣っています。

 

冬場は乾燥した空気が直接入らないよう、のどには絹のスカーフを巻きます。

 

 

寝る時は必ず枕元に加湿器を置き、口の中の乾燥を防ぐため湿らせたマスクをしています。

 

マヌカハニーの効果

マヌカハニーが日本で知られるようになったのは、ピロリ菌の抑制・殺菌効果に注目されたのがきっかけではないでしょうか。

 

 

イギリスの医療雑誌に、5%程度の濃度のマヌカハニーでもピロリ菌を殺菌する効果があると発表されたのです。一般のハチミツでは、40%以上の濃度が必要と言われています。

 

※マヌカハニーのピロリ菌に対する効果に関しては、「健康への試行錯誤」に記事を書いています。

 

ピロリ菌について マヌカハニーなど抑制効果のある食品

 

 

マヌカハニーは殺菌作用だけでなく、インフルエンザウイルスの増殖抑制作用もあるとされています。

 

森山さんのようにノドを大事にする職業の人だけでなく、インフルエンザを防ぎたい一般の人にもオススメな食品なのです。

 

 

山田養蜂場 マヌカ蜂蜜(ニュージーランド産) 200gビン入
マヌカ蜂蜜(ニュージーランド産) 200gビン入

 

 

 

 

※このサイトは作成ソフトSIRIUS(上位版)で作りました