健康と美容はほぼ同義と言えるほど密接な関係があります。
 
食事の内容によって健康が左右されるのと同様に、口にするものは美容に多いに関係します。

その典型的な例は、バストに関するトピックです。「○○を食べたら胸が大きくなった!」という話は意外と多いのです。
 
キャベツ
 
以下に、バストアップが期待できるとされる食材を紹介します。
 
キャベツ
平山あやさんがキャベツを一日1個食べ続けたら、BカップからDカップへバストアップしたそうです。
 
※関連コンテンツ
柴田亜美さん酢キャベツでバストアップ&ダイエット
 
 
大豆食品
小野真弓さんは1人暮らしを始めた03年ころから、夕食を納豆、豆腐、豆乳などの大豆中心にしたところ、バストが大きくなったそうです。 C→Dカップになり、最大でEカップになりました。
 
女優の井上晴美さんも大豆食品が好きで、納豆や豆乳を欠かしません。
 
ちなみに井上さんのバストサイズは88cmです。
 
 
ヨーグルト
タレントの後藤真希さんのバストサイズはデビュー当時83cmでした。それが07年までに90cmを超えるほど大きくなりました。
 
後藤さんがバストアップした秘密はヨーグルトだそうです。一日に7~8個、多い時で10個食べていました。
 
またブラジャーもきつく締めないように心がけていました。
 
グラビアアイドルの間では「鶏肉を食べるとバストアップする」と言い伝えられているそうです。タレントのMEGUMI さんは鶏や牛のレバーもよく食べるとか。
 
 
ヤフー智恵袋には

カリン、レタス、豚足、赤身の肉、鳥のからあげ、ピーマン、ニンジン、かぼちゃ、ジャガイモ、ナツメ、竜眼、アンズ、ピーナッツ、カシューナッツ、ハスの実

 
などがバストアップ食材として挙げてあります。
 
またこういった食品は女性ホルモンの分泌が最も活発になる時に食べると効果的なようです。
 
生理から11~13日目が一番効果的で、18~24日目がその次に効果的です。