最近は髪染め(カラーリング)をしている女性は多いですね。
 
一時期ほどではないにしろ、髪染めを全くせず、完全な黒髪の女性が少数派なのは間違いありません。
 
いまや当たり前になった髪染めですが、いろいろ見た結果、私の感想は・・・

髪染め・ブリーチはあまり頻繁にするものではない
 
というものです。
 
髪染めに関しては、良いことは全く書いてないんですよね。
目にするのは、コワイ内容ばかり。
 
髪をかきあげる女性
 
頻繁に髪染めやブリーチを行うと・・・

・頭皮の肌荒れ、脱毛。
・バサつき・枝毛・切れ毛がひどくなり、ショートだけしかできなくなる。
・髪の毛が根元から切れる。
・毛穴がやせてくる。
・頭・顔がかぶれ、アトピーのような発疹が出て1年以上経っても完治していない。
・頭皮のかぶれが顔に移り、顔がパンパンに膨らむ。

 
・・・なんてことが書いてあります。しかも一度傷んだ髪を元に戻すのは非常に困難なのだとか。
 
多くても月に一回、それ以上やるならブリーチ剤や染毛剤の成分を厳選する必要があるのではないでしょうか。
 
「髪に優しい」といったうたい文句の製品でも、ダメージは避けられないようです。
 
ヘナは「髪・体に優しい」ことが特徴ですが、染まりが弱く、染めるのに時間がかかるという欠点もあります。
 
ブリーチ剤や染毛剤で髪を染める場合、頭皮には絶対つけない(根元部分を長めに残す)、美容師さんとよく相談するなどの対策はするべきでしょう。
 
髪を染めていて「髪質がイマイチ・・・」と感じているなら、染める回数を減らすか、薬剤の成分に気を使ってみてはどうでしょうか。