私は現代の食事ではたんぱく質の摂取量が案外足りてないんじゃないか?と考えています。
 
「高たんぱく高脂肪の食事が多くなって、生活習慣病が増えている」と、何かにつけ言われています。
 
確かに、男性の中年世代ではそうかもしれません。

いわゆる「メタボ」が気になる世代ですね。

現代女性はたんぱく質が不足気味では?

しかし現代の女性はたんぱく質がむしろ足りていないと見ています。ダイエットを意識している若い女性は特にそうではないでしょうか。
 

 
職場などで女性の食事を見かけると、「これはたんぱく質少なくない?」という印象が強いのです。
 
たんぱく質は、ストレスを受けても消費されます。
 
女性の社会進出がすすみ、働く女性が増えて女性のストレスも増えています。このことだけでも、現代の女性は昔よりもたんぱく質を消費しています。
 
 
さらには、ほぼ全員がダイエットを意識していると言っても過言ではない現代女性が、たんぱく質の主な供給源である
 
肉類 魚肉 卵 乳製品 大豆製品
 
といったものを十分摂れているでしょうか?
 
生活時間が不規則になりがちで、外食が増えたりするとどうでしょう?
 
大豆
 
言うまでもなく、たんぱく質は体を作るもとです。
 
髪や肌など女性が非常に気になる部分もたんぱく質でできています。
 
近年増えているという女性の薄毛も、私はたんぱく質不足が一因と考えています。
 
「頭皮の健康」や「ストレス」云々よりも、材料(たんぱく質)がないと髪の毛は作りようがありません。
 
たんぱく質も摂取しすぎると脂肪に変わるのは確かです。
 
しかし、必要な量を摂っていないと体に様々な不調が起こるのも間違いありません。
 
たんぱく質の量は十分かどうか、もう一度食事等を見直してみるのも良いのではないでしょうか。

中谷美紀さん6年間の菜食主義で体調不良に

日本テレビの「ザ!世界仰天ニュース」で、女優の中谷美紀さんが、以前のベジタリアン生活で体調を崩していた、と報じられました。
 
中谷美紀 ベジタリアン生活中に生じた身体の異変「突発性難聴になった」
news.livedoor.com/article/detail/10793677/
 
内容を箇条書きにまとめます。

・中谷さんは、ベジタリアンが多いインドを旅行したことがきっかけで肉を食べない生活を始める
 
・ベジタリアン生活は6年間続けた
 
・しかし、その6年が過ぎた時は「体力が尽き果てていた」
 
・めまいがする、突発性難聴も発症、機嫌は悪くなる、人と口もききたくない、と散々な体調に

 
番組では「中谷さんの個人的体験です」の字幕が出ていたそうですが・・・。
 
ここしばらく、「(特に高齢者は)肉を食べましょう」という主旨の報道が相次いでいます。
 
中谷さんのように、肉を全く食べない生活を6年も続けると、誰でも似たような体調になる可能性は高いのではありませんか?
 
牛肉
 
一方で、加工肉や赤肉のがんリスク云々が少し前に話題になり、もしかしたら今後はベジタリアンを意識する人が増えるのかも、という気もします。
 
名称が変わりつつも、海外で菜食主義は根強く支持されているようで、その考え方・実践法などは定期的に日本にも入ってきますし。
 
「ベジタリアン」にもいくつかのレベルがあり、一概には言えませんが、個人的には懐疑的です。何でも「ほどほどに食べる」のが一番ではないでしょうか?
 
野菜を食べると健康に良いように、肉にも体に必要な栄養素がたくさん含まれています。
 
もちろん、菜食主義で体調が良いと実感しているのではあれば、それを否定する気はありません。その習慣を続けて問題ないでしょう。
 
個人的には肉・野菜・魚・卵・穀物など、あれこれ食べる方針でいきます。
 
いろいろ食べるのは楽しいですしね。^^