化粧品メーカー、ポーラの調査によると、目の周りが暗くなる「くま」があると、実年齢より15歳も老けて見えるそうです。
 
くまは目の周りの毛細血管がうっ血しているか、あるいはメラニン色素が沈着することで発生します。

メラニン色素の量は年齢とともに増えるので、くまもできやすくなります。

うっ血・色素沈着を改善するには

うっ血を改善するには、まずは顔の静脈をマッサージする方法があります。
 
といってもこするのは厳禁で、鼻の横を流れる顔面静脈のライン上を指で押すだけで効果があります。
 
また全身の血流を良くするために、運動の習慣をつけるのもくまの改善に有効です。
 
女性は心臓の拍出力が弱いため、酸素の少ない血液がたまりやすいのです。
 
鏡を見る女性
 
色素の沈着は、肌の新陳代謝が正常であれば自然に改善されます。
 
個人的に目のくまを悪化させると思うものに、喫煙があります。
 
タバコは血流を悪化させるので、目のくまのみならず健康・美容の大敵です。それでもタバコを吸う女性は最近とても多いようですが。
 
話がややそれますが、タバコを吸ってる人って色が浅黒く、目の周りの小じわが多くないですか?
 
いわゆる「タバコ顔」の特徴が表れてくるのです。
 
喫煙は目のくま以外にも、見た目を老けさせる要素がいっぱいです。何より健康に悪いですし、まさに百害あって一利なしです。

秀香さんの顔・目元美容法 冷やす?温める?

モデルの秀香さんの著書「スーパーモデルの綺麗術」を読みました。
 
またこの本のメインテーマは秀香さんのダイエット法なのですが、美容法なども解説されています。
 
(ちなみに秀香さんによると、女性がダイエットを始めるには、生理の前後は避けた方が良いそうです)
 
目元の美容に関しては、冷やすのか、温めるのか迷いませんか?
 
秀香さんの目元美容法は、次の三つです。

・むくみがひどいとき、とにかく冷やす
・クマができたときは、蒸しタオルで温める
・むくんでクマがあるときは、まず温めて血液の循環をよくし、そのあと肌を冷やして引き締める

 
また顔のむくみをとるには、「温冷洗顔」が良いそうです。
 
冷たい水とお湯で交互に肌を刺激する方法で、温度変化により毛細血管の血行を良くするのがポイントです。
 
石鹸洗顔の後、冷たい水で顔を叩くようにパシャパシャ肌を刺激すると効果的なのだとか。
 
時間があるときは、入浴がおすすめです。ちょっと熱めにお風呂に入って顔に蒸気を当て、汗腺を開きます。そのあと冷水で毛穴をしめ、お湯と水で交互に肌を刺激するのです。
 
温めると冷やすを繰り返し、血行を良くするのがポイントになります。
 
入浴女性の脚
 
お酒を飲む機会が増えると、顔がむくみやすくなります。
  
もしもむくんでしまったら、洗顔のついでに上のむくみ対策を実行してみてください。
 
(このコンテンツは「スーパーモデルの綺麗術」120ページ、162~164ページを参考にしました)

佐伯チズさんはこうして目を奥二重に 整形に対する考え方

佐伯チズさんの「美肌の花道」という本を読みました。
 
メイクに関する話だけでなく、肌の健康や食事、あるいはチズさん自身の話など、いずれも興味深く読めました。
 
この中で、チズさんが「整形に『プチ』なんてない!」というタイトルで、整形の問題点を明らかにされています。
 
一部を紹介します。

整形を軽く考えている人が多すぎ!
 
安易に顔改造に走らないで。
プチ整形だって立派な整形。勢いでやると、取り返しのつかないことになることも。
 
問題点
1 2~3ヵ月に一度メンテナンスが必要
 
2 ボトックスを入れると重みで下がってくる (二重まぶたが一重になったり額が下がったり)
 
3 眼の下のシワを中に入れ込む整形をすると、笑っても目が笑ってない 目を閉じようとしても閉じられない(筋肉が動かなくなる)
 
4 一度やりだすと続けなきゃいけない

 
チズさんは、
 
私は「二重、二重!」と唱えながら、毎日指でまぶたの脂肪を散らして、奥二重をゲットした
 
そうです。
 
当サイトでも、安易な整形手術には反対の立場をとっています。
 
体の一部が生まれつき大きく変形していたり、生活に支障が出るのであれば手術すべきだと思いますが、「目を大きく」とか「鼻を高く」など、「見た目」を良くしたい動機だけでの整形はいかがなものでしょうか。
 
体のパーツが気になる場合、その深刻さは本人にしかわからないので、整形したいと思う気持ちもわからないではないですが。
 
それでも、そうそう軽々しく整形するべきではない、と考えています。