「ピンクレディー」の「ケイちゃん」こと増田恵子さんは、2010年にピンクレディーを再始動した際、決めたことがあります。
 
それは
 
「歌い方も振り付けも、デビュー当時から変えない」
 
です。
(このコンテンツは雑誌「栄養と料理」 2015年04月号8~9ページを参考にしています)

「ファンが覚えているピンク・レディー像を壊したくない」と、パフォーマンスを維持するために日々自分を鍛えています。
 
エクササイズする女性
 
体作りの基礎となっている運動は、
 
・クラシックバレエ
・ピラティス

 
の二つです。
 
バレエは20年以上続けていて、週に1回、2時間弱のレッスンを受けています。

「体幹を意識しながらじっくり、首から背中、腰、脚まで全身の筋肉を伸ばします。
 
動きはゆっくりなのに、これがとってもきついんですよ。一見優雅ですが、クラシックバレエはハードなスポーツ」

 
なのだそうです。
 
ピラティスは月に1~2回のペースで1回約2時間、マンツーマンの指導を受けています。
 
ピラティスをやっているのは、
 
・体幹を鍛えて声がもっと出せるようになる
・半月板を損傷した右膝を保護するため

 
という目的があります。
 
声については、

「声量もびっくりするほど増えました。息を吸って吐くときに声が出るわけですが、出た声をいかに伸ばすか、というところで体幹が重要になってくるんです」

とのこと。
 
右膝は2011年のツアーで傷めてしまい、医師から「ひざのまわりの筋肉を鍛えて半月板への負担を減らし、痛みさえとれれば手術は不要」と言われました。
 
増田さんは「絶対に手術せずにすむようにしよう」と決心し、膝周辺の筋肉を鍛えました。
 
その結果、いまでは痛みは全く無くなりました。
 
食事は栄養のバランスを常に考えています。
 
体を動かした日には意識して肉を食べたり、プロテインを飲むことも。野菜はサラダではなく温野菜にしてたくさん食べます。
 

 
豆乳や牛乳も欠かしません。
 
コンサートの前は、手作りのおにぎりを食べ、故郷静岡のお茶を飲みます。おにぎりの具は、「脚がつりやすい人によい」と聞いた梅干しです。
 
朝は7時30分に起きて、鼻うがいをしたら顔にパック。その後炭酸浴に入ったら、ストレッチを行います。