モデルの朝比奈彩さんは2015年から週一回、シュートボクシングのジムに通っています。

「殴る、蹴るの動作が気持ちよい」そうで、特にキックは得意です。
 
対してパンチには課題があり、もう少しトレーニングが必要です。下半身に比べると腕は筋力が足りていないので、もっと鍛えないと強いパンチが打てないのです。
 
ボクシングする女性
 
上半身を鍛えるため、ボクシングに加えて筋トレのジムに週一回、ストレッチのジムにも週2回通い、強くしなやかな上半身作りに励んでいます。
 
シュートボクシングを初めてからボディラインがキレイになりました。
 
いいパンチやキックを打つためにずっと体幹を意識しているため、高いヒールを履いて歩いてもバランスを崩さなくなり、ポーズも決まるようになりました。
 
フェミニンな服だけでなく、スポーツウェアも似合う体に変わっています。
 
以前は野菜に偏り気味の食生活でしたが、タンパク質・炭水化物も食べないといい筋肉はつかないと知ってからは、いろんな食材をバランスよく食べています。
 
「ボリュームはあまり気にせず楽しく食べて、その分トレーニングでしっかり動けばよい」という考えです。
 
雑誌「Tarzan(ターザン)」2018年 5月24日号76~77ページを参考にしました。