女優の高岡早紀さんの体重は、20代の頃と比べると3kgほど増えたそうです。
 
それを落とすべくジムにしばらく通ったのですが、体が疲れすぎて子育てなどの家事がおろそかになりかねませんでした。
 
そこで、普段からちょっとした心がけをすることにしました。

その心がけとは・・・
 
体のコアを意識した姿勢
 
です。
 
女性のウエスト
 
ただ背筋を伸ばしているだけでなく、体の奥のコアを意識して立つ、座る、歩くを実践するのです。
 
高岡さんは以前バレエを習っており、コアを意識した姿勢とは「それだけで汗をかいてしまうほど効果的」なのだそうです。
 
歯磨きの際など、思いついたときにはつま先で立つようにしています。
 
高岡さんは子供を三人産んでいますが、こうしたちょっとした心がけで、驚くほどスリムな体型をキープしているのです。
 
子供を「高い高い」して、二の腕を鍛えることもあります。
 
洗面所に置いてある体重計に朝晩のるのを習慣にしています。
 
「体重を知っていると、自然と食べ過ぎなくなる」そうです。
 
役作りのため短期間で体重を落とす必要がある場合、朝食・昼食はしっかり食べて夕食は水分だけにする「夕食抜き」をやります。