糖化を防ぐのに効果的な食品をまとめています

糖化を防ぐ効果が高い食品 お茶・野菜・発酵食品など

近年は「糖化」への注目度が高まっています。

 

糖化は身体の老化に関わっていて、美容面においては肌のシワ、シミ・クスミを増やし、ハリを失わせるといわれています。

 

「いかに糖化を防ぐか」は、健康維持と共に美容面でも大きな課題になのです。

 

 

同志社大学大学院の米井嘉一教授と、八木雅之准教授らの研究グループが、

 

・茶・健康茶113種類
・野菜・ハーブ211種類
・発酵食品86種類
・フルーツ114種類

 

の合計524種類の食品からサンプルを抽出し、抗糖化活性(糖化を防ぐ力の強さ)を測定しました。

 

 

その結果判明した、抗糖化活性の強い食品トップ10をカテゴリ別に以下に紹介します。

 

■お茶・健康茶 
1 玄米茶
2 紅茶
3 甜茶
4 緑茶
5 ドクダミ茶
6 ジャスミン茶
7 ハマ茶(カワラケツメイ茶あるいは弘法茶とも呼ばれています)
8 プーアール茶
9 ウーロン茶
10 ほうじ茶 

 

 

■野菜・ハーブ
1 モロヘイヤ
2 フキノトウ
3 新ショウガ
4 ローズマリー
5 ヨモギ茶
6 タデ
7 サニーレタス
8 ベイリーブス
9 食用菊
10 穂ジソ

 

 

■発酵食品
1 豆味噌
2 赤ワイン
3 ゴーダチーズ
4 濃口醤油
5 たまり醤油
6 チェダーチーズ
7 米味噌
8 薄口醤油
9 黒豆納豆
10 米酢 

 

■フルーツ
1 ライム
2 カリン
3 スターフルーツ
4 パッションフルーツ
5 フェイジョア
6 イチゴ
7 ブルーベリー
8 サクランボ
9 バナナ
10 イチジク

 

 

野菜は調べた211サンプルのうち、90%に抗糖化活性がありました。

 

葉野菜や実を食べる野菜で高く、色が濃くてポリフェノールの多い野菜も抗糖化が強い傾向がありました。

 

 

八木教授によると、糖化を防ぐには、糖質を取りすぎないだけでなく、生活習慣も重要です。

 

 

・睡眠時間が6時間以下 
・週に4回以上の飲酒習慣がある 
・喫煙習慣がある 

 

 

人は、糖化が進みやすいとされています。

 

日経 Health (ヘルス) 2014年 02月号
日経 Health (ヘルス) 2014年 02月号

 

 

このコンテンツは雑誌「日経ヘルス」2014年2月号59ページを参考にしました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

※このサイトは作成ソフトSIRIUS(上位版)で作りました

関連ページ

細川直美さん 美容に生甘酒を活用
細川直美さんは敏感肌で季節の変わり目は肌荒れがひどかったそうです それが生甘酒を飲み始めたら・・・
中谷美紀さん菜食主義生活で体調を崩す
極端なベジタリアン生活は体調を崩すこともあるのではないでしょうか 肉にも必要な栄養が含まれています
ローラさん・マギーさんが飲んでいるレモン白湯
ローラさん・マギーさんはレモン白湯でお腹を温めます
とよた真帆さんの腸に良い食事 食べ方や内容
とよた真帆さんの食事について 腸に良いメニューを心がけています 野菜や果物を多めに 玄米・雑穀も食べます
松嶋菜々子さんのグリーンスムージーとトレーニング
松嶋菜々子さんは自作のグリーンスムージーを毎朝飲んでいます ジムでのトレーニングも欠かしません
抗酸化力の強い沖縄の食材・素材
紫外線が強い沖縄で育つ植物や素材は抗酸化力が強いそうです
沖縄の注目素材 民間医療に使われるものも
抗酸化作用で注目されている沖縄の食材・素材
三浦理恵子さん ぬか漬けでお腹とお肌の調子改善
三浦理恵子さんはぬか漬けで腸内環境を良好にしました 吹き出物や肌のくすみもなくなりお通じも良くなりました
ココナッツオイル 健康・美容効果
ココナッツオイルが女性に好まれるのはアンチエイジングや美容をサポートしてくれるからです
三浦直樹院長の週一断食やり方や注意点
三浦直樹院長は週に一回 24時間何も食べない断食法を提唱しています
甘酒の美容・健康効果 ニキビ対策・メンタルにも
近年注目されている甘酒はニキビを減らすなどの美容効果だけでなく 認知症対策などの健康効果も期待できます
とよた真帆さんの酢大豆・酢玉ねぎ 材料と作り方
とよた真帆さんが食卓に欠かさない酢大豆・酢玉ねぎの材料と作り方を紹介しています
石田ゆり子さん たんぱく質を重視した食生活
女優の石田ゆり子さんは豆乳などでたんぱく質を積極的に摂取しています
遠山景織子さんの”酢ニンジン” 効果と作り方
遠山景織子さんは酢ニンジンを食べるようになって疲れにくくなり 肌の調子も良くなりました