たんぱく質だけでなく ビタミンやミネラルも髪に必要です

髪のために摂りたい栄養

髪の美容を語る時、よくストレスや「頭皮を清潔に」といった話になりますが、何はともあれ髪を作る栄養を十分摂るのが最も大事ではないでしょうか。

 

 

それらの栄養分は、言ってみれば髪を作る材料なわけで、材料が無ければ髪ができない・髪に元気がなくなるのは当たり前です。

 

 

地肌やストレスを気にする前に、まずは栄養をしっかり摂るのが第一歩でしょう。

 

 

髪のためにとるべき栄養の筆頭は、何といってもたんぱく質です。

 

 

髪は大きく三層に分かれており(外側からキューティクル、コルテックス、メデュラ)、いずれも主成分はたんぱく質です。

 

 

肉、魚、乳製品、卵などの食品は不足していないでしょうか。

 

 

ダイエットを意識している女性は、たんぱく質が足りないケースが特に多いと私は見ています。

 

 

血行を良くする食品を摂ることも大事です。

 

抜け毛の原因のひとつに血行不良があります。
毛母細胞への血流が少なくなると、髪の毛の栄養状態が悪くなってしまいます。

 

 

ビタミンA、B2、B6、E、亜鉛といった栄養素は血行を良くし、髪の毛の発育を促す作用が期待できます。

 

 

食品としては

 

うなぎ レバー ニンジン ほうれん草 ナッツ類 大根(葉も含む) セロリ シイタケ 春菊、大豆食品 昆布

 

といったものが良いでしょう。

 

 

「海藻は髪に良い」と一時期流行のように言われたことがあります。

 

 

海藻に髪に良い栄養分が含まれているのは確かですが、海藻ばかり食べても髪のための栄養としては不十分です。

 

 

いろんな栄養分をまんべんなく摂ることが大事であり、健康的な食事がそのまま髪に良い食事であると言えるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

髪のための栄養については、こちらにもコンテンツを作っています。

「髪に良い食品・食事」とは? 管理人の考え

 

 

 

 

※このサイトは作成ソフトSIRIUS(上位版)で作りました

関連ページ

髪のカラーリング・ブリーチによるダメージ
髪染めやブリーチを頻繁に行うのは髪に良くありません
自分に合う(合わない)シャンプー・刺激の少ない(強い)シャンプーとは
合う・合わないシャンプー 体験談
髪・頭皮もやっぱり洗いすぎはダメなのでは?
頭も洗い過ぎはいけないのではないでしょうか
バンテーン使用 髪をサラサラにするコツ
髪をキレイにするコツ
「髪に良い食品・食事」とは? 管理人の考え
髪の美容を助ける食品の特徴とは
田村マナさん 美髪を妨げるNG習慣
髪に最もダメージを与えるのは?シャンプーをする際のポイント 前洗いが大事です
髪に良い食品の代表 黒ゴマ
漢方で黒ゴマは「腎」を強化するとされています 生命エネルギーをアップし抜け毛や白髪を減らしてくれます
女性専用 ベルタ育毛剤
女性専用 ベルタ育毛剤 成分や特徴 女性特有の薄毛の原因も
熊谷真美さん愛用 クレソンシャンプー 白髪が減りつむじも目立たなくなりました
熊谷真美さんはクレソンシャンプーを愛用しています ベタつきがなくなり「自分に合うシャンプー」と確信しています