日射しの強い沖縄の食材・素材は抗酸化力が強いそうです

抗酸化力の強い沖縄の食材・素材

沖縄の食材は、他県のより美容効果が高いのはご存じでしょうか?

 

 

言い換えると、沖縄の食材は抗酸化作用が強いのです。

 

 

その理由は、沖縄特有の強烈な日差しです。

 

沖縄の紫外線の量は本州の約2倍に達することもあり、そこで生育する食材の抗酸化力も強くなるのです。

 

 

そんな沖縄の食材は、健康・美容効果の高さで注目されているそうです。

 

雑誌「週刊女性」の特集から、特に注目されている沖縄食材・素材を紹介します。

 

 

 

1 ハイビスカス
一般には観賞用のハイビスカスですが、「ローゼル種」の実は食用になります。

 

クエン酸、ビタミンC、ミネラルが豊富なので、疲労回復、美白におすすめです。 

 

 

2 クミスクチン 
ネコノヒゲと呼ばれる沖縄三大薬草のひとつです。 

 

カリウムが豊富で、脂肪分の吸収を抑えるロズマリン酸(ポリフェノールの一種)も含まれています。美肌、むくみ対策、ダイエットに。

 

 

3 ヒバーチ 
石垣や八重山地方で昔から使われてきた島こしょうです。

 

ビペリンという辛味成分が発汗、新陳代謝を促し、消化を助けます。血行も良くするので冷え症対策にも。

 

ゴーヤーレシピ
ゴーヤーレシピ

 

4 ゴーヤー 
苦み成分のモモルデシンは食欲を増進させるので、食が細くなる沖縄の強烈な夏を乗り切るのに欠かせない食材です。

 

ビタミンC含有量はレモンの約4倍。抗酸化作用でアンチエイジングも期待できます。

 

 

5 クワンソウ(アキノワスレグサ) 
沖縄の方言で「ニーブイグサ(眠り草)」と呼ばれ、昔から安眠効果が伝えられてきました。

 

葉は乾燥させてお茶に、茎や花はおひたしなどに用いられます。

 

 

6 月桃(げっとう)
ショウガ科のハーブで、葉の成分に消臭・抗菌作用があります。

 

月桃のエキスにはポリフェノールが多く含まれ、抗酸化作用によるシワ、シミ防止などのエイジングケアが期待できます。

 

化粧水や石鹸、葉を乾燥させたハーブティーが一般的です。 

 

 

次のページに続きます。

 

 

 

 

※このサイトは作成ソフトSIRIUS(上位版)で作りました

関連ページ

細川直美さん 美容に生甘酒を活用
細川直美さんは敏感肌で季節の変わり目は肌荒れがひどかったそうです それが生甘酒を飲み始めたら・・・
中谷美紀さん菜食主義生活で体調を崩す
極端なベジタリアン生活は体調を崩すこともあるのではないでしょうか 肉にも必要な栄養が含まれています
ローラさん・マギーさんが飲んでいるレモン白湯
ローラさん・マギーさんはレモン白湯でお腹を温めます
とよた真帆さんの腸に良い食事 食べ方や内容
とよた真帆さんの食事について 腸に良いメニューを心がけています 野菜や果物を多めに 玄米・雑穀も食べます
松嶋菜々子さんのグリーンスムージーとトレーニング
松嶋菜々子さんは自作のグリーンスムージーを毎朝飲んでいます ジムでのトレーニングも欠かしません
沖縄の注目素材 民間医療に使われるものも
抗酸化作用で注目されている沖縄の食材・素材
抗糖化作用の強い食品 野菜やフルーツなど
老化の原因として近年注目されている「糖化」を防ぐ効果の高い食品をまとめています
三浦理恵子さん ぬか漬けでお腹とお肌の調子改善
三浦理恵子さんはぬか漬けで腸内環境を良好にしました 吹き出物や肌のくすみもなくなりお通じも良くなりました
ココナッツオイル 健康・美容効果
ココナッツオイルが女性に好まれるのはアンチエイジングや美容をサポートしてくれるからです
三浦直樹院長の週一断食やり方や注意点
三浦直樹院長は週に一回 24時間何も食べない断食法を提唱しています
甘酒の美容・健康効果 ニキビ対策・メンタルにも
近年注目されている甘酒はニキビを減らすなどの美容効果だけでなく 認知症対策などの健康効果も期待できます
とよた真帆さんの酢大豆・酢玉ねぎ 材料と作り方
とよた真帆さんが食卓に欠かさない酢大豆・酢玉ねぎの材料と作り方を紹介しています
石田ゆり子さん たんぱく質を重視した食生活
女優の石田ゆり子さんは豆乳などでたんぱく質を積極的に摂取しています
遠山景織子さんの”酢ニンジン” 効果と作り方
遠山景織子さんは酢ニンジンを食べるようになって疲れにくくなり 肌の調子も良くなりました